旭サナック株式会社旭サナック株式会社

技術紹介

TECHNOLOGIES
  • 金型システム

事例4 / 「凹み加工」による複雑形状の成形

「絞り加工」では難しい複雑形状部品を
「凹み加工」で成形する。

条件

・機種 SRF200-7
・生産速度 70spm
・加工材質 A6061-T6

「凹み加工」による複雑形状の成形

検討内容

課題 対策
複雑形状部品を凹み加工で実現するには 割ダイスを使用する
無駄なく、複雑形状部品を作る工程、金型構造を時前に確認するには シミュレーションによる提案と形状に模索を行う
部品の重量を軽くして、強度を上げるには 材質を成形荷重が低くかつ固い材料で成形する

効果

軽量かつ強度ある複雑形状部品をパーツフォーマ内で製造することができた。

完成品

完成品

断面形状

断面形状

CONTACT
お問い合わせ

圧造機械・金型事業に関するご相談・ご質問など、お気軽にお問い合わせください。